Japan Society for Intellectual Production
学会について
目 的
分 野
活 動 概 要
事 業 計 画
組織図 及び 役員
入 会 案 内
連絡先
パンフレット
定 款
『産学連携学』
(産学連携学会誌)
研究会・支部
CPD
表彰
冊子販売
各種の情報
メ-ルニュース
ニュースレター
大会情報
主催・共催・後援
イベント情報
公募情報(人事)
公募情報(研究)
共同研究センター
リンク集
個人情報保護について
プライバシーポリシー
について
利益相反マネジメント
暫定方針

第28回お茶の水コラボレーションセミナー

特定非営利活動法人 産学連携学会では、首都圏を中心とした地域で産学官連携に興味を持つ方同士の情報交換やネットワーク作りに資する事を目的に、セミナーを定期的に開催しております。
第28回目となる「お茶の水コラボレーションセミナー」は、株式会社ボナック 豊福秀一 様をお迎えし、『ボナック核酸を用いた創薬探索』と題してご講演頂きます。
ぜひ、多くのご関心のある方々の参加をお待ちしております。

○日  時:平成30年2月14日(水) 17時~18時30分(終了後 懇親会を開催)

○場  所:国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)東京本部別館2階セミナー室
(〒102-0076 東京都千代田区五番町7 K’s五番町 )

○参加費用:無料(懇親会費1,000円)

○講演者  株式会社ボナック 豊福 秀一 様

○講演テーマ:『ボナック核酸を用いた創薬探索』

○講演概要:
核酸医薬品として、RNAと相補な配列の核酸を用いるアンチセンス、RNA干渉に基づく短い二本鎖RNAやマイクロRNA分子群は、疾患関連分子の制御が可能であることから、創薬探索の点で注目を浴びている。しかしながら、医薬開発が進むにつれ種々の課題 (核酸安定性、核酸生体反応、核酸送達性等) が生じているのも現実である。当社ではこのような背景のもと、各課題に対し克服可能な一本鎖長鎖RNA「ボナック核酸」を開発し、日米欧において特許を成立した。また、創薬探索ひいては医薬品開発への応用を目指した核酸安定化法や安定同位体核酸等を用いた体内動態評価手法も開発した。本発表では「ボナック核酸」の医薬開発への新たなプラットフォームとしての特徴と本ボナック核酸を用いた難治性疾患に対する創薬探索の試みを紹介する。また、ボナック核酸送達法の可能性についても紹介する。

主  催:特定非営利活動法人 産学連携学会
共  催:国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)
後  援:医学系大学産学連携ネットワーク協議会(medU-net)

■お問い合わせ先■
産学連携学会事務局(担当 岩瀬、須藤)
〒182-0021 東京都調布市調布ヶ丘2-32-3 ジュネス201
(株)キャンパスクリエイト調布ブランチ内
TEL : 080-4203-5165  FAX:042-490-5727
E-mail: j-sangaku@j-sip.org

アクセスカウンター(2015.12.18以降)

現在の会員数(2017/7/7 現在)
正会員:  個人:306   団体:38   学生:17
準会員:  個人:59    団体: 15
賛助会員: 0

合計:435   会員の統計


産学連携学会
このホームページへのリンクは自由に行ってください。ご質問、ご意見はこちらまで
(入会・退会等の事務手続きはこちらへご連絡ください。)