―――――――――――――

■■■■■■■■■■■■ 産学連携学会メールニュース

■■■■■ ―――――――――――――

■■■■■■■■■■■    J-SIP Mail

■■■■■ ―――――――――――――

■■■■■■■■■■■■ 発行:産学連携学会(編集WG

 第879 2017.12.15

 

当メールニュースではイベントのお知らせや公募情報等、

産学連携に関する情報をお流しいたします。

会員の皆様への情報の配信をご希望の方は、news@j-sip.org

産学連携学会事務局(j-sangaku@j-sip.org) までお寄せください。

バックナンバー:http://j-sip.org/mail_news.htm

 

 

[[[[ ヘッドライン ]]]]

―――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 第20回日本医工ものづくりコモンズシンポジウムのご案内

 

―――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 シンポジウムテーマ「ナノテクノロジーの医療応用」

 

■日 時:平成30112日(金)14451800

 

■場所:TEPIA(一般社団法人高度技術社会推進協会)地下会議室

107-0061東京都港区北青山2-8-44  電話:03-5474-6111

行き方:http://www.tepia.jp/access/index.html

 

■主催 一般社団法人日本医工ものづくりコモンズ

 

■後援 国立研究開発法人 科学技術振興機構(予定)

 

■協賛(独)産業技術総合研究所医療機器レギュラトリーサイエンス研究会

 

()日本生体医工学会医療機器に関するレギュラトリーサイエンス専門別研究会

 

■参加費 無料

開催趣旨

 1ミリの百万分の1であるナノの世界に関する技術「ナノテクノロジー」

が大きく進歩しており、新しい医療技術の可能性が拡がっています。そこで、

今回は、ナノテクノロジーの医療応用に関して、先端的な開発研究をされて

いる方のお話を頂く事になりました。お忙しい時期かと存じますが、多くの

方のご参加をお願い申し上げます。

 

司会:柏野聡彦(日本医工ものづくりコモンズ専務理事)

14:45-14:50開会の挨拶:北島政樹(国際医療福祉大学副理事長、名誉学長)

14:50-15:20「ナノテクプラットフォームの紹介」

      菊地博道(国立研究開発法人科学技術振興機構)

15:20-15:50「痛くない針の開発」

      宮地邦男(シンクランド株式会社代表取締役社長)

15:50-16:20 DDSの拡大解釈による新しい減塩の提案」

      三木則尚(慶應義塾大学)、東和彦(慶應義塾大学、株式会社

      LTaste

16:20-16:30 休憩

16:30-17:00 「単一細胞およびオルガネラをターゲットとしたマイクロ流体

      デバイスによるハンドリング技術」

      関口哲志、庄子習一(早稲田大学理工学術院)

17:00-17:30 「マイクロ培養プラットフォームを用いた三次元組織形成と細

      胞診断」

      須藤亮(慶應義塾大学理工学部)

17:30-17:35閉会の挨拶:谷下一夫(早稲田大学ナノ・ライフ創新研究機構)

17:35-18:00 交流会、名刺交換

18:00-    懇親会(参加費3,000円)

      参加申込み必要

 

日本医工ものづくりコモンズのWEBからお申込みをお願い致します。

 

URL http://www.ikou-commons.com/